02f4825974465f3524ee6f9acb7bc543
生前に、特別な財産をもらった相続人の相続分はどうなりますか?

被相続人の生前に、ある相続人が結婚資金や学資等で多額の贈与(遺言で贈与する遺贈も含みます。)を受けていた場合に、形式的に法定相続分のとおりに相続すると不公平な場合があります。

ecd2c54334ed1701f8885d527b80d4ce
民法では、そういう相続人を「特別受益者」といって、特別な取扱いをして、その者の相続分を算出し、不公平な配分にならないようにしています。

しかし、親が子供に金銭などを支出することは、通常よくみられることです。

何が特別受益に該当するかの判断を巡って、争われる場合も少なくありませんので、一度弁護士にご相談することをオススメします。
scroll-to-top