22/1/6

弁護士の村木です。
虎ノ門法律経済事務所神戸支店は元町の旧居留地に開設してから、早7年が経過し、今年で8年目に突入しました。
開設から、幸いなことに多くの事件を担当させていただき、いずれの事件につきましても、その大小に関わらず、私なりに精一杯取り組んでまいりました。
開設当初、弁護士1名、事務局1名の2名体制でスタートしましたが、事務局が何度か入れ替わったり、新人弁護士を雇い入れ、その弁護士が独り立ちするなど、神戸支店内部でも色々なことがありました。
事件関係は、当初は民事、家事、刑事を満遍なく担当していましたが、ここ最近は民事や家事、企業法務案件が主となっています(その他の業務ももちろんできる範囲で対応しています)。
事件を通じ、実に多くのことを学ぶことができましたが、本当に密度の濃い充実した時間を過ごせたと思います。

ところで、昨日5日は、東京本店の経営計画発表会に参加してきました。
毎年1月の仕事始めの頃に、全国の支店が東京本店に集まり、今年1年の決意表明や、中長期計画のビジョンについて述べる機会があるのですが、全国の弁護士からそれぞれの思いを聞けるのは、私としても迫力もありますし、モチベーションにもつながります。
また、発表会の後に、引き続き帝国ホテルにて新年会があるのですが、昨日は、私自身の家庭内の事情もあって参加せずに、早々に日帰りで帰宅しました。


私自身、弁護士になってから早10年が経過しましたが、初心を忘れずに業務に取り組んでいく所存です。
何はともあれ、今年1年も頑張っていきたいと思います。
scroll-to-top